【ふくらはぎが太い】人が気を付けるプリーツスカートの選び方

ふくらはぎが太いことを気にしている女性は多く、どんな服をどう着こなせば良いのか、よく相談を受けます。

脚のハリが目立つのでいつもスカート

スカートでもなんかバランスが変な時があるのは何故?

私が着ると安そうに見える

垢抜けるには何に気をつければいいの?

  • どのデザインが自分に合うの?
  • どうやってコーディネートすればいいの?

私は相談者の方にご提案するコーディネートの中の一つに、プリーツスカートを使うことも多いです。

理由はスカートの丈や素材を気をつければ、どんな体型の方でも無限のコーディネートができるアイテムだからです。

このブログ記事では、ふくらはぎが太くても自信を持ってプリーツスカートを楽しむためのポイントを詳しく解説します。

この記事を読んで分かること
  • 着用後の全体バランスが悪い理由
  • 失敗するプリーツスカートの注意点
  • 垢抜けるためのポイント
  • プリーツスカートのコーディネート例

【この記事を書いた人:YUKO】

【イメージコンサルタント】 
・ インターナショナルパーソナルスタイリスト
・ インターナショナルカラーアナリスト
・ オーラソーマカラーケアコンサルタント
・ メイクアップアーティスト
・ 骨格診断ファッションアナリスト

ファッション診断・着こなし術や印象アップセミナー・メイクなど、6,000人以上の美容&ファッション相談を受けてきました。

目次

ふくらはぎが太い人におすすめの理由

ふくらはぎが太いことを気にしている女性に、プリーツスカートがおすすめの理由を5つご紹介します。

縦のラインが強調される

プリーツスカートは縦のラインが入っているため、視覚的に脚を細く長く見せる効果があります。

これにより、ふくらはぎの太さが目立ちにくくなります。

適切な長さを選べる

ミモレ丈やマキシ丈のプリーツスカートを選ぶことで、ふくらはぎを隠すことができます。

特にミモレ丈はふくらはぎの一番太い部分をカバーし、マキシ丈は脚全体をカバーします。

動きやすさと快適さ

プリーツスカートは動きやすく、脚にぴったりフィットしないので、快適に過ごすことができます。

これにより、ふくらはぎが強調されることなく自然なシルエットが生まれます。

素材やデザインのバリエーション

軽やかな素材や流れるようなデザインのプリーツスカートを選ぶことで、体型をカバーしつつエレガントな印象を与えることができます。

たとえば、柔らかいシフォン素材のスカートは動きに合わせて優雅に揺れ、ふくらはぎを目立たせません。

脚長効果

プリーツスカートをウエストインするスタイルで着用することで、視線を上に引き上げ、全体的なバランスをとることができます。

これにより、脚全体がスラっと見える効果が期待できます。

具体的なスタイリングの提案としては、以下のようなアイデアがあります。

ミディ丈のプリーツスカートにタックインしたトップスを合わせることで、腰の位置が強調され、脚が長く見えます。

画像参考:Keep it MBAchic: styling the pleated skirt trend for the office

アンクル丈のブーツやヒールを履くことで、足首を細く見せ、全体のバランスを取ることができます。

明るい色のトップスと合わせて、視線を上半身に引きつけるコーディネートにするのも効果的です。

これらの工夫により、プリーツスカートはふくらはぎが太いと気にしている女性にとって非常に魅力的な選択肢となります。

プリーツスカートが人気の秘密3選

合わせやすい

プリーツスカートは、合わせやすさから多くの女性に愛されています。

トップスや靴を変えることで、エレガントにもスポーティにも、またはカジュアルに崩すこともできます。

裾がヒラヒラと揺れることで縦のラインが強調され、シャープな印象を与えつつもふんわりとした優しい女性らしさが出ます。

素材や色によっても雰囲気をコントロールできます。

シフォンやサテンなどの柔らかい素材は優雅でフェミニンな印象を与えます。

ウールやコットンなどの素材はよりカジュアルでリラックスしたスタイルに適しています。

色の選び方次第で季節感やトレンド感を演出できるため、季節を問わず活躍しますよ。

さらに、プリーツスカートはどんなトップスとも相性が良いのが魅力です。

タイトなトップスを合わせるとスカートの広がりが強調され、メリハリのあるシルエットに。

中のものはタックインしてウエスト部分のスッキリ感を調整してみてください。

画像参考:Keep it MBAchic: styling the pleated skirt trend for the office

ゆったりとしたトップスを合わせるとリラックス感がありつつも、女性らしさを失いません。

少し脚長効果を出したい場合は、 前身頃の裾をちょっとウエスト部分にタックインする。

そうすると一気に垢抜けた雰囲気に変わります。

また、ジャケットやカーディガンを羽織ることで、フォーマルな場面にも対応可能です。

このように、プリーツスカートは組み合わせ次第で無限のバリエーションが楽しめるアイテムです。

日々のスタイリングを変えて、色々なトップスやアクセサリーと合わせることで、あなたの個性を最大限に引き出すことができます。

ぜひ、自分だけのコーディネートを見つけてみてください。

どんな体型でも似合う

プリーツスカートは、その独特なデザインとシルエットから、どんな体型の人でも美しく着こなせるアイテムとして知られています。

その理由を詳しく説明しますね。

ポイント
脚長効果

プリーツスカートは縦のラインが強調されるため、視覚的に脚を長く見せる効果があります。

縦のプリーツが目を引き、自然に上から下へと視線を誘導するため、体全体がスラリと細長く見えます。

また、多くのプリーツスカートはウエストから始まり、比較的長いシルエットを持っているため、腰から足までのラインを引き伸ばし、脚長効果を最大限に発揮します。

ポイント
セルライトや体の線が透けない

プリーツスカートはその形状とデザインにより、体型をカバーする力があります。

タイトスカートやマーメイドスカートと違って、プリーツスカートは体のラインをぴったりと拾わないため、下着のラインや体の凸凹が目立ちにくいです。

生地が折れ曲がってデコボコしているため、セルライトや体の線が透けて見えることがなく、常にきれいなシルエットを保つことができます。

ポイント
O脚やX脚など脚の形が隠れる

プリーツスカートのデザインは、脚の形を隠すのに最適です。

O脚やX脚、太ももやふくらはぎの筋肉質な部分、膝の上のお肉がついている部分など、さまざまな脚の悩みをカバーしてくれます。

スカートの裾がふんわりと広がることで、脚全体を包み込み、足首だけを見せ強調することで、視覚的に細く見せる効果も期待できます。

ポイント
色でバランスがとりやすい

プリーツスカートはどんなスタイリングにも対応できる万能アイテムです。

トップスや靴の色、ストッキングの色を合わせることで、全体のバランスをとり、さらに足長効果を高めることができます。

例えば、スカートと同系色のストッキングや靴を選ぶと、ウエストから足首まで一続きに見えるため、視覚的に脚が長く見えるのです。

ポイント
がに股や内股をカモフラージュできる

プリーツスカートは歩き方もカモフラージュできます。

がに股や内股など、歩き方に自信がない人でも、スカートの中で自然に隠れるため、外見的には美しいラインを保つことができます。

スカートの裾が揺れることで、歩くたびに女性らしい優雅な印象を与えることができるのも、大きな魅力です。

このように、プリーツスカートはどんな体型の人でも美しく見せるための多くの工夫が詰まっています。

縦のラインを強調するデザイン、生地の特性、そして脚の形をカバーするシルエットなど、さまざまな要素が組み合わさって、誰にでも似合うアイテムとなっています。

だからこそ、体型に自信がない人でも安心して着ることができ、スタイリング次第で無限のバリエーションを楽しむことができるのです。

スポーティなアイテムと相性がいい

プリーツスカートは、スポーティなアイテムと相性が良いため、バランスの取れたコーディネートが可能です。

例えば、スウェットと組み合わせることでカジュアルさを演出しつつも、ブーツやヒールを履いて少しドレスアップし、女性らしさを保つことができます。

甘すぎる女性ファッションは苦手だけど、スポーティすぎるのも避けたい。

と感じている大人の女性は多いです。

そんな悩みをお持ちの方にプリーツスカートは最適なアイテムです。

Tシャツをタックインして着るとスッキリしたシルエットになりスカートが協調されます。

定番の白Tシャツや黒Tシャツ、プリーツスカートがベーシックなカラーなら柄物のTシャツも合わせやすいです。

近年、スポーティなファッションが流行していますが、あまりにもスポーティすぎるスタイルは避けたいという声も多く聞かれます。

そんなときにプリーツスカートを取り入れると、程よいスポーティさとフェミニンさを両立できるのです。

フーディーやスニーカーと合わせることで、動きやすさとスタイリッシュさを兼ね備えたコーディネートが完成します。

プリーツスカートは何にでもあいますが、なんとなく違和感を感じたら、袖をまくってみたり、 ウエストに タックインしたりと、バランスを調整してみましょう

タックインしないでそのままサラッと着たい場合は、しっかりくるぶしが見えているような靴を選び、手首や足首を強調することでスッキリ見せることができるので試してみてください。

縦ラインが強調されるデザインは、スタイルを良く見せる効果もあります。

カジュアルなトップスと合わせることで、甘すぎず、程よく女性らしいスタイルが作れます。

色や素材を選ぶことで、季節に合わせたコーディネートも楽しめるため、年間を通じて活躍するアイテムです。

スポーティな要素を取り入れつつ、女性らしさを忘れないコーディネートを目指すなら、プリーツスカートは非常におすすめですよ。

選ぶポイント

プリーツスカートの素材選びは、スタイルやシルエットに大きく影響するため、慎重に行う必要があります。

以下の注意点を参考にして、最適なプリーツスカートを選びましょう。

プリーツスカートの素材選びの注意点

注意点
避けるべき素材:Tシャツ生地

理由:Tシャツ生地は薄くて柔らかいため、プリーツが際立たない。

問題点:タックインしたときに、ウエスト部分がゴワゴワしてしまい、綺麗なシルエットにならない。

注意点
タックインを考慮した素材選び

厚手の素材:タックインした際に生地がゴワつかないため、綺麗なラインを保てる。

薄手の素材:ウエスト部分で生地がもたつきやすいので注意が必要。

注意点
素材の種類と特性

ニットやセーター素材:伸縮性があり、フィット感があるため、秋冬に適している。

ジャージー素材:Tシャツ生地に似ているため、タックインには不向き。

コットンやシルク:季節を問わず着用できる。

ウール:厚手で暖かく、冬場に最適。

注意点
季節に応じた素材選び

厚手の素材:冬場に適している(例:ウール、厚手のニット)。

薄手の素材:夏場に適している(例:コットン、シルク、薄手の織物)

注意点
ウエスト部分の確認

ゴムウエスト:プリーツスカートがゴムウエストで作られているものも多いです。タックインしたときのフィット感を確認することが重要。

もこもこチェック:薄手の素材を選ぶと、タックインしたトップスの生地がウエスト部分でボコボコしやすいので注意。

プリーツスカートの素材選びで重要なポイントは、Tシャツ生地のような薄手の素材を避けることです。

タックインする際に生地がゴワゴワせず、綺麗なシルエットを保てる素材を選べばいいのね。

また、季節に応じた素材選びも大切です。

冬場は厚手のウールやニット素材、夏場は薄手のコットンやシルクなどを選ぶと良いでしょう。

スカートの長さ

プリーツスカートを選ぶ際には、丈の長さも重要なポイントとなります。

自分に最適な長さを見つけましょう。

プリーツスカート丈の注意点

注意点
適切な長さの範囲

膝より下、くるぶしより上の長さを選びましょう。

この範囲内であれば、多くの体型に対応できます。

注意点
ふくらはぎの太さを気にする場合

スカートの丈はふくらはぎの太い部分を避け、くるぶしに近い細い部分に合わせると良いです。

足首は一般的に細い部分なので、ここを見せることで全体のシルエットが美しく見えます。

注意点
視覚的効果

人は見えている部分から見えない部分を想像します。

細い足首を見せることで、スカートの中の脚足全体が細いと錯覚させることができます。

注意点
避けるべき丈

ふくらはぎの太い部分で止まる丈。

この長さだと、ふくらはぎの太さが強調されてしまい、脚全体が太いという印象を与えてしまいます。

注意点
靴とのコーディネート

パンプスやサンダル:スカートの色と合わせると統一感も出て脚長効果もあります。

スニーカー:くるぶしが見えるスニーカーと合わせるとカジュアルで可愛い印象になります。

ブーツ:足首を強調するショートブーツやアンクルブーツが似合います。

ハイニーブーツ:足首部分が細く見えるものを選びましょう。

プリーツスカートの丈選びでは、自分の体型に合った長さを選ぶことが重要です。

特にふくらはぎが太いと感じる場合は、くるぶしに近い細い部分や太くなる前の部分を強調する丈を選びましょう。

また、靴とのコーディネートも考慮し、足首を美しく見せるアイテムを選ぶと全体のバランスが良くなります。

プリーツの幅

プリーツスカートを選ぶ際の折り目の幅は、全体のシルエットや着心地に大きく影響します。

以下の注意点を参考にして、理想的なプリーツスカートを見つけてください。

プリーツスカートの折り目の幅選びの注意点

注意点
プリーツの幅とウエストの構造

ウエスト部分のプリーツが細く、裾に向かってプリーツが広がるデザインのスカートを選びましょう

全体のシルエットが綺麗に整い、ウエスト周りがすっきり見えます。

注意点
安価なスカートに多い注意点

ウエストと裾のプリーツ幅が同じで、ウエスト部分がモコモコすることが多いです。

これは、プリーツを均一に折るだけで作られるため、ギャザーがウエスト部分に集中してしまうからです。

シンプルにプリーツを折りたたむだけのスカートは、価格は抑えられますが、シルエットが崩れるので見た目がよくありません。

仕上げ前の生地⇒ただウエスト部分の生地を絞る

注意点
裾広がりなプリーツのメリット

ウエスト部分がすっきりするように設計されています。

ウエスト周りのモコモコ感がありません。

作る過程で違うので、裾の方が広くなっているプリーツの方が生地を多く使います。

技術も必要なため価格は高くなりますが、見た目は非常に綺麗です。

裾が広がることで動きやすく、歩くときにふんわりと揺れて可愛らしい印象を与えます。

仕上げ前の生地⇒計算しながら生地を絞る

注意点
ウエスト部分の拡大図

スカートを選ぶ際は、商品写真のウエスト部分の拡大図を確認してください。

ウエストがすっきり見えるデザインを選ぶことで、全体のシルエットが美しくなります。

プリーツスカートの折り目の幅は、ウエスト部分がすっきりしているかどうかが重要です。

裾に向かって広がるプリーツデザインを選ぶことで、美しいシルエットと可愛らしい動きが実現します。

また、商品写真でウエスト部分を確認し、高品質な作りを選ぶことで、全体の見た目が向上します。

コーディネート例

バリエーションは無限に あります。

コーディネート例

  1. スウェットとスニーカーで合わせてスポーティに着こなす。
  2. フィットしたタートルネックと合わせる。タックインするとスカートが強調されて綺麗です。
  3. ゆとりのあるセーターときる。前身ごろのみをタックインにし脚長効果と垢ぬけ感をだす。
  4. 丈の短いカーディガンと合わせる。
  5. ロングカーディガンでゆるく着てもかわいい。その場合、中のものをタックインして細い部分を強調しましょう。
  6. Vネックでエレガントに着こなす。タンクトップも綺麗です。
  7. シルク素材のトップスをタックシンしてシックな装いにしても素敵です。

コーディネート例をあげるとキリがないので、写真でも具体例をお伝えしますね。

白シャツとプリーツスカートは、オフィススタイルとして適した組み合わせで、クラシックで洗練された印象になります。

  • 白シャツはクリーンでプロフェッショナルな印象を与えるアイテムです。シンプルでありながらもきちんと感を演出できるため、ビジネスシーンに最適です。
  • プリーツスカートは、動きやすさと上品さを兼ね備えています。特にミディ丈のプリーツスカートは、エレガントでありながらも控えめな印象を与えます。

落ち着いた色合い(ネイビー、グレー、ブラックなど)や、シルクやウール混紡などの上品な素材を選ぶと、ビジネスシーンにマッチします。

白シャツとプリーツスカートは、シンプルでベーシックなアイテムであるため、さまざまなアクセサリーや靴と組み合わせることができます。

個々の好みやオフィスのドレスコードに合わせたスタイリングが可能です。

トップスが同じ白シャツでも、フレアスカートを光沢にすると全く違う印象を演出できます。

ウエストにベルトをしたり、シルエットを引き締め強調すると、さらに洗練された印象になります。

シンプルなパールやゴールドのアクセサリーを合わせると、上品でありながらも控えめな印象を与えられます。

画像参考:Keep it MBAchic: styling the pleated skirt trend for the office

ドレスアップした感じに装いたい場合は、トップスにもエレガントなものを選びましょう。

フレアスカートの生地は光沢のあるものにすると、上品で華やかになります。

色が全体的に多いと子供っぽく見え、 同系色だと大人っぽく見えます。

華やかなフレアスカートには、シンプルなトップスを合わせることで全体のバランスを取ることができます。

コットンやリネンはカジュアルで涼しげな印象を与える素材で、日常使いにぴったりです。

 タックインしないでそのままサラッと着たい場合は、袖をまくって手首を強調するとスッキリ見せることができるので試してみてください。

バランスを見てやってみましょう。 

目立つ柄や鮮やかな色のスカートに対してシンプルなトップスを合わせることでスカートが主役となり、スタイルの焦点が明確になります。

これにより、スカートのデザインや色がより引き立ちます。

華やかなスカートには黒いトップスを合わせるなど、モノトーンのトップスを合わせるとシックな印象になります。

スカートの柄や色の中から一色をトップスに取り入れるなども、統一感が出て良いでしょう。

華やかなスカートの場合は、控えめなアクセサリーにすると全体のバランスが取りやすいですよ。

まとめ

ふくらはぎが太いと感じている方でも、プリーツスカートは自信を持って着こなせる効果的なアイテムです。

POINT
縦のラインが強調される

プリーツが縦のラインを作り、視覚的にスリムな印象を与えます。

POINT
適切な長さを選べる

ふくらはぎの太さが気になる場合、スカートの長さを調整することで細く見える部分を強調できます。くるぶし近くの細い部分を見せると効果的です。

POINT
動きやすさと快適さ

プリーツスカートは動きやすく、快適さも兼ね備えています。

POINT
素材やデザインのバリエーション

さまざまな素材とデザインがあるため、自分の体型やスタイルに合ったものを選べます。

POINT
脚長効果

高いウエスト位置からスカートが始まるため、脚が長く見えます。

POINT
合わせやすい

様々なトップスやアクセサリーと合わせやすく、コーディネートの幅が広がります。

POINT
どんな体型でも似合う

体型をカバーしつつ、スタイリッシュに見せることができます。

POINT
スポーティなアイテムと相性がいい

スポーティなアイテムともマッチし、カジュアルにもフォーマルにも使えます。

POINT
素材選びの注意点

厚手の生地を選ぶと、シルエットがきれいに保てます。薄手のTシャツ生地は避けましょう。

POINT
スカートの長さ

ふくらはぎの太さが気になる場合は、くるぶしに近い細い部分を強調する長さを選びます。

POINT
プリーツの幅

ウエスト部分がすっきり見えるよう、上部のプリーツが細く、裾に向かって広がるデザインがおすすめです。

POINT
コーディネート

プリーツスカートは、コーディネートのバリエーションが無限に あります。

素材や長さ、プリーツの幅を工夫して、自分に最適な一枚を見つけてください。

本当にたくさんのアイテムと合わせやすく、1枚のスカートで何パターンも スタイリングを変えられるので、色々なトップスと合わせてみてくださいね。

この記事があなたにとって、プリーツスカートを使った素敵なコーディネートの参考になれば嬉しいです。

ゆうこ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

目次